海南島紹介

海南島紹介

中国最南端の島「海南島」は別名「中国のハワイ」と呼ばれ、冬でも平均20度を下回らないリゾートアイランドです。
日本からの直行便が無い為、日本人にはあまり知られていませんが、中国北部の人々やロシア人には、冬の間の避寒地として有名な場所です。
人気の秘密は、まず第一に物価が安く、気候が良い。そして食べ物がおいしく、果物も豊富です。また中国の中では一番治安の良い所であり、長寿の島としても有名です。ここでは南国特有ののんびりした暖かい人柄の地元の人々と接することが出来ます。
海南省政府も観光開発に力を入れており、海沿いのリゾート地は、本当に中国かと疑いたくなるような、サービスの行き届いた豪華リゾート地になっています。シェラトン、マリオット、リッツカールトンといった外国資本の有名ホテルが立ち並び、従業員はみな英語を話します。ダイビング、スノーケル、ジェットスキー、バナナボート等、マリンスポーツの他、エステ、マッサージ、温泉、そしてゴルフ場も多数あり、他のリゾート地に引けを取りません。

一方、人々が暮らす街では、一気に中国特有の顔をみることが出来ます。活気に満ちた市場では、新鮮な野菜や果物、生きてる鶏、烏賊、海老、魚など、なんでも揃っています。
また物価も安く、食事はおいしい中華料理が1食あたり100円から500円くらいで食べれます。按摩、鍼、太極拳等、中国独特の健康法も安価で体験出来、生活上の金銭的負担はまったくと言っていいほど無いでしょう。
また中国は日々の日常に「健康」が関わっていますので、街で売られるお茶、お菓子、薬等、すべてに色々な薀蓄が詰まっていてそれらを研究する楽しみもあります。