パーキンソン病と闘う父を励ますためにも還暦祝いを盛大に行いました

f508351987ef20a97a5b491842b92213_s

元気でほとんど病気をしたことが無かった父親が治療が難しいパーキンソン病と診断されました。パーキンソン病は脳に関する病気であり、脳の伝達物質であるドーパミンが不足する病気です。ドーパミンは運動やバランス能力などに大きく関係しているらしく、動作がぎこちなくなったり、歩いているときに転倒することが増えたことから病院の診断を受け、パーキンソン病と診断されました。

今年還暦を迎える父ですが、病気は三年程前から発病しており、病院での治療を行っていますが、徐々に症状が進行している状況です。中年以降の男性に発生することが多い病気であり、海外では有名なハリウッド俳優やスポーツ選手なども罹患しており多くの人に知られるようになってきた病気です。

パーキンソン病は脳の思考に関してはしっかりしていることが多いため、精神的に落ち込みうつ状態になる場合が多くあります。父も精神的に落ち込んでおり以前のような元気は無い状態です。

そのため、還暦の際には家族揃って盛大にパーティを行いました。元気が無かった父も家族がみんな集まって祝ってくれたことに喜んでくれました。家族としてもうれしかったです。

パーキンソン病の治療は薬による治療とリハビリテーションがメインになります。薬はドーパミンの働きがよくするものを先生が処方してくださっており、指定の時間に飲むようにしています。薬によって体調は大きく異なり、薬が効いている間は体も動きやすく症状も軽そうなのですが、夜になって薬の効果が小さくなるときつそうにしている場合が多いです。

リハビリテーションでは理学療法士や作業療法士の先生にお世話になっています。理学療法士や作業療法士はリハビリテーションに関する国家資格で、パーキンソン病に関しては詳しく勉強されています。薬に関しては医師が詳しいですが、日常的な動作や身体機能に関しては医師よりもくわしく非常に力強い存在です。

リハビリテーションでは体の関節や筋肉をやわらかくする運動を行なってもらっています。脳の機能の低下によってパーキンソン病では筋肉の緊張のコントロールが難しくなるそうです。その結果として過剰な力が筋肉に入るようになり、そのままにしておくと筋肉は固まって関節が動かなくなってしまいます。

自宅でも理学療法士の指導の通りに家族が行なうことがありますが、筋肉が固くなっているのが実感できます。慢性的な病気で完治が難しい病気ですが、長く父が元気でいられるように家族で支えたいと思っています。

父が大喜び、還暦祝いのプレゼント

中国医学、主に鍼灸治療でパーキンソン病と闘う

d6b601dffa7b4c47d4f1701bdd9cbc75_s

中国医学の鍼灸治療は、現在では現代医学と組み合わせる事で統合医療として発展し続けています。鍼灸の一番の効果は鎮痛と可動域、運動性能の回復にある為、難病指定のパーキンソン病にも応用されて、現代医学との相乗効果で回復程度を高める事ができることが分かっています。

特に、症状の現れている部位にだけ鍼を刺すのではなく、神経反射を使ったり、脳の反応が現れやすいツボを使う事で、症状の進行速度を遅らせることが認められているのです。

現在では、まだまだ現代医学だけでの治療を行っている病院が多いのが現状ですが、中国医学の鍼灸治療は今までの鍼灸治療と比べても、エビデンスを取って、現代医学的な観点に沿って、科学的に証明されたメカニズムに従って施術していきますので、安心できる則面も持っています。

パーキンソン病の症状の特徴である安静時振戦については、中国医学では震えは風が関係し、肝機能の異常と診ますし、筋固縮は肝が筋肉を制御していると考える為、これも肝機能の異常と考えます。仮面様顔貌も顔色と動かない部位にもよりますが、顔面の筋肉の硬直という側面もありますので、肝機能の異常と心機能、腎機能の異常が混在したものと診たりします。

又、同じパーキンソン病でもこの五臓のバランスの違いが個人個人にある為に、同じツボを使わない場合もあります。

現代医学では科学的に明らかな理論を使って科学的検査によって分かったことを材料にして診断しますので再現性が高いのが利点ですが、中医学の場合は四診合参と言って、顔色、におい、脈、問診と言った様々な角度から全身と局所、病気の自覚症状と他覚所見を総合して診断する為、個人個人の違いを細かく見分ける能力に長けています。

どちらが良いというのではなく、どちらも組み合わせて最善の方法を選択ことができるのが難病と呼ばれるパーキンソン病に対する治療なのです。

パーキンソン病自体がまだまだ分析しきれていない病気でもありますが、中国医学は科学的にはまだ分かっていない部分でも、古代から臨床で効果があるものを積み重ねて技術力としている部分も多い為、しっかりと診断、治療できる人が鍼灸を使う事によって、現代医学では足りない部分を大きく補ってくれる可能性が高い技術でもあるのです。

このような技術であり、パーキンソン病に対して一定の効果が認められている鍼灸ですから、今後更に普及して多くの病気を治してくれることを期待しています。

海南島紹介

海南島紹介

中国最南端の島「海南島」は別名「中国のハワイ」と呼ばれ、冬でも平均20度を下回らないリゾートアイランドです。
日本からの直行便が無い為、日本人にはあまり知られていませんが、中国北部の人々やロシア人には、冬の間の避寒地として有名な場所です。
人気の秘密は、まず第一に物価が安く、気候が良い。そして食べ物がおいしく、果物も豊富です。また中国の中では一番治安の良い所であり、長寿の島としても有名です。ここでは南国特有ののんびりした暖かい人柄の地元の人々と接することが出来ます。
海南省政府も観光開発に力を入れており、海沿いのリゾート地は、本当に中国かと疑いたくなるような、サービスの行き届いた豪華リゾート地になっています。シェラトン、マリオット、リッツカールトンといった外国資本の有名ホテルが立ち並び、従業員はみな英語を話します。ダイビング、スノーケル、ジェットスキー、バナナボート等、マリンスポーツの他、エステ、マッサージ、温泉、そしてゴルフ場も多数あり、他のリゾート地に引けを取りません。

一方、人々が暮らす街では、一気に中国特有の顔をみることが出来ます。活気に満ちた市場では、新鮮な野菜や果物、生きてる鶏、烏賊、海老、魚など、なんでも揃っています。
また物価も安く、食事はおいしい中華料理が1食あたり100円から500円くらいで食べれます。按摩、鍼、太極拳等、中国独特の健康法も安価で体験出来、生活上の金銭的負担はまったくと言っていいほど無いでしょう。
また中国は日々の日常に「健康」が関わっていますので、街で売られるお茶、お菓子、薬等、すべてに色々な薀蓄が詰まっていてそれらを研究する楽しみもあります。

留学について

留学について

中国に留学について
留学スケジュールと費用(仲介業者を通さない良心的なお値段です)

またいつでも開始、終了できるのでご自分のペースで勉強出来ます。

下記費用は、中国のお正月、GW(日本と同じ時期です)等、時期によっては若干値上がりする可能性があります。詳しくはお問い合わせ下さい

1週間留学:2.5万円

2週間留学:4万円

1ヶ月留学:7万円

留学費には下記項目が含まれます

○海南島三亜空港までの送迎

○一日2時間の中国語授業(土日、中国の祭日を除く毎日)

○留学期間中の宿泊費

※留学生用マンション(他学生とルームシェア)、先生宅ホームステイ、ホテルのどれかになります。(1ヶ月以上の場合はコンドミニアムも可)

オプションで下記イベントも参加出来ます(時期により開催)

○現地中国人の学校にて中国人の学生さんと中国語交流

○現地中国人より中華料理講習(1講習100元:材料費、食事代含む 2名参加以上で開催)

○三亜周辺の観光(観光の実費自己負担 基本、先生の同行なし)

※原則マンツーマンもしくは1対2授業になります。生徒のレベルに合わせて中国語の出来る日本人先生、日本語の出来る中国人先生、英語の出来る中国人先生、中国語だけの先生等 色んな先生が対応しますので心配要りません。

中国人先生は標準語圏出身の先生になりますので、綺麗な北京語を話します。

※ホテルのレベルは、期待しないで下さい。部屋の内装は日本の小さなビジネスホテルを想定してください。景色は期待出来ませんが、市内の便利な場所で海までも近いです。

※航空券、保険、ビザ(2週間以上の滞在の場合ビザが必要)等はご自分で手配して下さい。分からない場合はご案内しますので遠慮なくお尋ね下さい。また現地での食事は自己負担です(大体1食100円から贅沢しても500円程度)

海南島までの交通のご案内

海南島までの交通のご案内

交通の紹介
海南島へは直行便がありません。一般的なのは広州経由ですが北京経由や韓国ソウル経由の方がチケットが安い場合があります。
例)成田ー広州(約4時間) 広州ー三亜(1時間強) ※乗り換えに3?5時間みておく必要があります。
成田ー北京(約3時間) 北京ー三亜(4時間強) ※乗り換えに3?5時間みておく必要があります。
成田ーソウル(約2.5時間) ソウルー三亜(2.5時間強) ※乗り換えに3?5時間みておく必要があります。

エアチケットは時期、旅行会社により異なりますが、だいたい往復6万ー8万程度

※※)裏ワザ紹介。
もし航空会社のマイレージをお持ちの方は、広州までマイレージを使用。
広州ー三亜間のみチケットを購入すると、往復1万円ー15000円程度で海南島まで来れます(^^)
広州ー三亜間片道購入も可能、料金も5000円ー7500円(往復の半額)で購入出来ます。
マイレージの場合、日程や便の変更が可能。広州ー三亜間は片道のみ購入しておけば、滞在日数を自由に決められます。
気に入れば長期滞在。居心地が悪ければ早めに帰国、も自由自在。
(航空券の料金は時期、時間帯により変動します。上記費用はあくまで目安。正規料金は片道12000円程度です)

※※※)さらなる裏ワザ。

最近各旅行会社ともに海南島ツアーに力を入れて激安ツアーを実地しています。
4?7日程度の短期滞在をお考えの方は激安ツアーを利用するのも一つの手かもしれません(^^)
その場合は一日2時間の中国語レッスンのみ受講も可、料金はもちろんお安くなります。詳細はお問い合わせ下さい。旅行に必要な中国語レッスンをいたします。
但し、旅行会社のツアーの場合原則2名参加で考えられていますので、お1人参加の場合は旅行会社のツアー料金も高くなります。

ビザについて

中国は2週間以内の滞在はビザ不要。3ヶ月以内の旅行ビザは誰でも簡単にとれます。他は6ヶ月の訪問ビザ、1年間の留学ビザなどがあります。条件を満たせば中国で延長可能。旅行ビザは延長できません。

留学生の言葉

woman

今回、年末年始のちょっとした休暇を利用して海南島に行きました。レッスンだけではなく、しっかり観光もしたい!という欲張りな私の希望も叶えてくださり、ツアーの手配までお願いしちゃいました。実は私、過去に何回か短期留学の経験があります。でも学校が大きいと、その分、先生との距離が遠くなってしまい、授業以外は1人で寂しく過ごしたことがあります。その点、今回は大正解でした。観光客として、学生として、現地の生活者として、いろいろな視点から海南島を味わうことができました。本当にありがとうございました。
(30代 女性 F.Y)